最新情報

TOBEYAKI NEWS

▼ 五月人形
五月人形、入荷しました〜♪

大きさは、大・中・小の3種類です。





兜は、大・小の2種類です。

▼ 今月の窯元紹介 〜福幸窯〜
今月の窯元紹介は、福幸窯さんです。

新作の小皿も入荷しております。


たっぷり入るマグカップ。


日常食器の他に、洗面鉢もありますよ♪



▼ とべごはん 〜ホタルイカの酢味噌和え〜

 

今日は朝からポッカポカ〜。


お彼岸にお墓参り行けなかったので行ってきました。

何故か体が筋肉痛...( ̄▽ ̄;)!!



ホタルイカです。



春めいて来ましたね♡


実はホタルイカ大好きなのよ♪

実は...って隠す必要すらないけど、更に告白すると...


私、酢味噌でいただきますっ( ̄^ ̄)

(ええー!!至って普通やし)




いやいや、ここからが本題。


味噌かけるだけだと思った?

実はね、ここでもうひと手間!


このひと手間でとっても美味しく食べれるホタルイカ。

良かったらやってみて下さい♡

やってたらごめんなさい←先言うとく。




ホタルイカの頭の先をちょっとつまんで引っ張ってみてちょー(*´∇`)ノ
出るよ、こんなん。

これが骨です。これが無くなるだけで随分口当たりが違います。





横にしてみた。




はい、もう一つ。
これは口に残るので是非取りたい。
お目々です(´。✪ω✪。`)

右の白いの。
左が取ったものです。



全員やってあげてね♡( *´艸`)


何匹おると思うよ?

ってめんどくさいと思うかも知れませんが、これだけで随分舌触りが違うので数倍美味しくなります。


ほんの、ひと手間。

これが愛情です♥




そんな愛情込めた手料理を、愛情込めて一つ一つ手作りの器に盛る。

手から手へ....食べてくれる人へのおもてなし。

日本の良いところ。



使わせてもらった器は先日もご紹介させてもらった "きよし窯" さん。


 

 

砥部焼き〜春の炊き合わせと蛸の酢の物。

アップアップアップ

前回の記事
 



こちらは前回と違って砥部焼ならではの青の呉須を濃淡で。

市松模様と薔薇です。






可愛い♡

器もホタルイカも♡
 



うんまい♡ホタルイカ。

沖漬けも美味しいよねー♪

いや〜お酒が進むわ〜゚+.゚(´▽`人)゚+.゚



器をご希望の方は砥部焼陶芸館にご連絡ください。
TEL:(089)-962-3900


▼ とべごはん 〜春の炊き合わせと蛸の酢の物。〜

こんにちは。

昨日は春分の日でしたね。


昼と夜の長さがほぼ同じだそうです。
この日より、昼が短かった冬から春へと移り変わりの日です。

これからどんどん陽が長くなりますね。


そんな春分の日の我が家は一足先に春の食材で食卓を彩ってみました。

本日も良かったら最後までお付き合い下さいね。




〜春の炊き合わせ〜





春を感じる食卓を...まずは、ほっこり優しい炊き合わせです。

海老しんじょと筍、つわぶき、絹さやを一緒に。

手毬麩が可愛い♡


今回ふきは煮浸しにしました。

とっても色鮮やかで香りがいいですよ。



それでは作り方です。



☆材料☆

ふき・・・1束(20本くらいありました。)

〜だし汁〜
粉末鰹だしの素・・・小1
味醂・・・小1
塩・・・小1/2
砂糖・・・小1/2
水・・・300cc



鍋に湯を沸かします。


ふきは適当な長さ(鍋に入る程度の長さ)に切ってまな板の上で塩(分量外です)をまぶし、上から手で擦り付けるように板ずりします。




沸騰したお湯の中に△里佞を入れます。



2分くらいかな。好みですが、シャキっとしてる感じが少し残る程度の所でお湯を捨てて冷水に晒します。




皮を剥きます。太い方から細い方へ皮を引き、スッと下ろします。
綺麗に剥けたふきは水を入れたタッパーに入れていきます。




全部入れたらこのまま半日〜丸1日冷蔵庫で休ませます(気がついたら水を変えてね)




だし汁を作ります。
沸騰したら火を止めてOKです。




Δ凌紊鯀管捨てて、ある程度の粗熱をとっただだし汁を注ぎます。
冷蔵庫で常備菜として保存します。
一緒に筍も煮ました。



コスモス 水に浸けたふきをだし汁に浸ける時に気をつけて欲しいのが、ふきは筒状になってるので水を捨てた後に手に持ち2〜3度振って中の水もちゃんと出してやって下さいね。




ふんわり素揚げした海老しんじょを一緒に添えて食卓へ〜

筍とふきは長さを揃えて、立てて盛り付けると綺麗です。
 

 





柔らかい蛸の酢の物も一緒に♡
お酢のきいた三杯酢は少しづつ浸しながらいただきます。
 



今回使わせてもらった砥部焼は "きよし窯"さんのものです。



とっても色鮮やかで、どんなお料理も華やかに魅せてくれます。
 



蛸が華やか♡゚+.゚(´▽`人)゚+.゚♡


こちらのデザインをされてる作家さんは女性です。

女性初、そして女性唯一の伝統工芸師です。



絵付けはブラシを使い、優しく叩きながら色を重ねていくという独特な、彼女ならではの技法です。

今までの陶芸技法に無かった、全く新しいブラッシングによる色の重なり合いはとても華やかで柔らかい色合いです。
 



ダリアの花びらが折り重なる色のグラデーションが、1枚1枚とても素敵な色合いです。

そんな、独特な絵付けが魅力の器。

すごく優しい暖かさを感じました。
 




また、ここ松山の道後温泉では只今秋に別館オープン予定の建設中「飛鳥乃湯泉」(あすかのゆ)において、温泉内の大浴場に横5.4m、縦2.7mの巨大壁面を砥部焼の陶板画で仕上げるという大規模な制作を手がけています。

こんな素敵な陶板画で作る巨大壁画を見てみたくなりませんか?


私も、彼女の作り出す伝統を守りつつ、新しい開発した技法で作る、「今までにない砥部焼」を楽しみにしてる1人です。

 

最後までのお付き合いを長々と感謝致します。

そして、いいね、読者登録...いつも皆さまありがとうございます。

 

 

春のお彼岸。

前後7日間でお墓参り、そしてぼた餅をたべる習慣がkoyuki地方にはあります♡


ぼた餅はね、私こっそり食べました( *´艸`)
(なんでや?!)

 

 

器をご希望の方は砥部焼陶芸館にご連絡ください。
TEL:(089)-962-3900

 


▼ 今月の窯元紹介 〜雲石窯〜
今月の窯元紹介は、雲石窯さんです。




独自に調合した濃い藍を使った絵付けが特徴です。



イヌの置物も入荷してます♪


癒されますよ〜♪


▼ 春の窯出し市
3月18日(土)〜20日(月)の3日間、
春の砥部焼窯出し市が開催されます。

1階は50数件の窯元のバラエティ豊かな品揃え!
当店平常価格から2割引!

2階窯出し市会場では、掘り出し物を毎日追加!
お値打ち価格の商品がたくさんあります!

その他、窯元が直接指導の絵付け体験や、
チャリティーオークション!

地元の新鮮野菜市!

イラストレーターせだゆりかのにがおえ砥部焼コーナー!

5000円以上のお買い物で素敵な賞品が当たる、
お楽しみ抽選会など!

ぜひ、御来館下さいませ!!

【砥部焼陶芸館】
 愛媛県伊予郡砥部町宮内83
  TEL 089-962-3900
  FAX 089-962-5464

▼ 物産展のお知らせ
『第18回四国松山の物産と観光展』


【場所】さっぽろ東急百貨展 9階催物場
TEL 011-212-2211(代表)

【日時】平成29年2月23日(木)〜 28日(火)
    10時〜20時 (最終日は、18時閉場)

砥部焼はもちろん、伝統銘菓などもたくさん出展します!

当館からも、2名のスタッフが札幌のみなさまに会いに行きます♪
お気軽に声をかけてくださいね〜。

ご来場お待ちしております!










▼ 陶芸館紹介動画
外国の方に向けた、紹介動画が出来上がりましたので、ぜひご覧ください♪




▼ 今月の窯元紹介 〜輝山窯〜
今月の窯元紹介は、輝山窯さんです。



かわいい動物の絵柄を描いた子供食器や、



一つ一つ手造りの人形などを中心に作成されています。



子供食器には、茶碗・子供マグ・プレートがあります。

雛人形もたくさん作成されていますので、
ぜひ御来館下さいませ。


▼ 雛人形展

雛人形展始まりました♪

 

 

 

 

 

春らしいパステルカラーの商品や、桜の絵柄を描いた商品も

入荷しております。

 

 

 

 

 


Page: 1/15   >>